会の仕組み

トップページ > 会の仕組み

情報交換の仕組み

メーリングリスト(以下、ML)を使い、こんな仕組みを作ります。

*新着情報:2019年4月から原則年4回の「定例会議」を導入します。
下記イメージのやりとり(リクエストやオファー)は、今後MLではなく対面形式で行います。

大まかなイメージ

会の仕組み

1 新人FPグループ側からの情報リクエスト

STEP1 【情報リクエスト】の内容を専用メールフォームから投稿する
STEP2 事務局が投稿内容をチェックし、投稿者を匿名化した上で
事務局の名前で【情報リクエスト】をML配信する
STEP3 【情報リクエスト】に応じられる開業FPは、自分の名前で
MLアドレスに【情報提供オファー】を投稿する
(事務局の承認後、メンバー全員にML配信される)
STEP4 STEP3の【情報提供オファー】に興味のある新人FPは、
【情報提供オファー】の投稿者宛にメールでエントリーする
→詳細内容をメールや電話のやり取りで調整し情報交換開始

2 開業FPグループ側からの情報リクエスト

STEP1 【情報リクエスト】の内容を専用メールフォームから投稿する
STEP2 事務局が投稿内容をチェックし、投稿者を匿名化した上で
事務局の名前で【情報リクエスト】をML配信する
STEP3 【情報リクエスト】に応じられる新人FPは、自分の名前で
MLアドレスに【情報提供オファー】を投稿する
(事務局の承認後、メンバー全員にML配信される)
STEP4 STEP3の【情報提供オファー】に興味のある開業FPは、
【情報提供オファー】の投稿者宛にメールでエントリーする
→詳細内容をメールや電話のやり取りで調整し情報交換開始

【情報リクエスト】がなくても、【情報提供オファー】の投稿は可能です。

また、【情報提供オファー】は、必ずしもFPとしての実務経験を前提としません。
新人FPでも、提供できる情報があれば、【情報提供オファー】を出せます。

投稿内容の具体例

A.情報リクエスト

情報を求める人は、例えば下記のような【情報リクエスト】を出せます。

  • 資産運用相談のノウハウを個別レッスン形式で教えてほしい
  • 自分の得意分野ではない案件の相談を受けたが、単独で対応できないため
    その分野を得意とするFPと協業したい、あるいは、他の専門家や事業者
    との連携事例を教えてほしい
  • ○○のひな形をすでに作成しているFPがいたら提供してもらえないか など

B.情報提供オファー

情報を提供できる人は、例えば下記のような【情報提供オファー】を出せます。

  • FP実務に役立つ内容を3名程度のミニセミナー形式で提供したい
  • パワーポイントで作成したセミナー資料を提供できる
  • ○○の比較表を作成したので配布したい など

投稿内容は、各メンバーのアイデア次第です。
また、実際に情報提供をするかしないか、情報提供を受けるか受けないかは、各メンバーがその都度判断します。

【情報リクエスト】は、匿名(※)でのML配信とし、
【情報提供オファー】は、実名でのML配信とします。
(※匿名にする理由:直接オファーが届くと断りづらくなることもあるため)

MLで配信される内容は、メンバー内のみで共有され、外部には公開されません。

過去の成立事例や作業マニュアル、各メンバーの個人プロフィール等は、
別途クラウドサービス内に保存し、メンバーのみ閲覧できるようにします。

その他、情報のやりとりにあたっての詳細なルールや方法(料金設定、著作権の取扱等)は、
個別説明会時または入会後にご説明します。